ドローンの写真撮影の方法とは|撮影のコツや費用相場についても解説

ドローンの写真撮影を検討している方のために、撮影手段やコツ、撮影にドローンを利用するメリットとデメリットを解説します。費用相場やドローンのレンタルについても紹介。自分に合ったドローンの写真撮影の方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンの写真撮影のメリット

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの写真撮影には航空写真と比較して以下のようなメリットがあります。

 

  • 近接撮影が可能
  • 確認しながら撮影できる
  • 狭い空間でも撮影できる
  • 危険な場所でも撮影しやすい

 

近接撮影が可能

ドローンは機体が小さいため、周囲の障害物に接触しにくく、被写体に近づいて撮影できます。

確認しながら撮影できる

ドローンのカメラはリアルタイムでモニターに送信されるため、仕上がりを確認しながら撮影できるのもメリットのひとつです。アングルや画角の調整も操縦している本人が実施できるので、狙った写真が取りやすいという利点もあります。

狭い空間でも撮影できる

ドローンは屋内やセスナが入れない場所でも撮影ができます。撮影できるロケーションの幅が広いのは撮影者にとって大きなメリットです。

危険な場所でも撮影しやすい

火山のような厳しい自然環境でも人命に危険が及ばないため、撮影しやすいというメリットもあります。肉眼では見られないような写真が撮れるのは魅力的です。

ドローンの写真撮影のデメリット

イメージ画像

https://pixta.jp

 

高度150m以上を飛行させる場合特別な申請が必要です。航空法により100g以上のドローンは地表又は水面から150m以上の高さの空域は飛行の禁止空域とされており、これらの空域で無人航空機を飛行させようとする場合は、許可申請が必要(※)とされています。

 

許可を得るためには、空港等設置管理者及び空域を管轄する管制機関と事前の調整が必要です。くわしくは国土交通省の公式HPを参考にしてみてください。

 

”総務省公式HP”参照

 

ドローンの写真撮影の方法

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの主な撮影方法は以下の2つです。

 

  • 機材を揃えて自分で撮影する
  • プロに依頼する

 

それぞれについて解説していきます。

機材を揃えて自分で撮影する

自分で撮影するためには以下のような機材が必要です。

 

  • ドローン本体
  • カメラ
  • 送信機
  • バッテリー
  • タブレット端末

 

ドローン本体にカメラとバッテリーを取り付けて、送信機で操縦しながら、タブレットでカメラの画像の確認をしながら撮影を行います。

プロに依頼する

プロに撮影を依頼する方法もあります。プロに依頼すれば手続きやトラブル時のリスクを負うことなく撮影が可能です。撮影の品質に関しても一定のクオリティが担保されるメリットがあります。

ドローンの写真撮影のコツ

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンで写真撮影する際の以下のコツについて解説します。

 

  • 一定速度で飛行する
  • ジンバルを調整する

一定速度で飛行する

急な減速や加速を行うと、画像がブレてしまいます。一定のスピードを保ち、安定した状態で撮影しましょう。

ジンバルを調整する

カメラの位置を水平に保つジンバルを調整しておきましょう。設定にはジンバルを上下に動かす速度とジンバルの止まり方の設定があります。飛行させながら試して撮影しやすい設定を見つけましょう。

ドローン写真撮影の費用相場

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンの写真撮影の費用相場は以下の通りです。

 

  • 自分で撮影する場合:数万円~50万以上(※1)
  • プロに依頼する場合:5万円~45万円程度(※2)

 

画質や撮影機材にこだわるほど費用が高くなります。

 

※1”株式会社ルーシー”参照

※2”株式会社 ジム”参照

 

費用を安くするならレンタルがおすすめ

イメージ画像

https://pixta.jp

 

ドローンのレンタルサービスもあるので、撮影費用を抑えたい場合に有効な方法です。ドローンサービス会社のリンクを添付しておくので、興味がある方は見てみてください。

 

ドローンレンタルネット公式HP

ドローンの写真撮影で画質にこだわると費用がかさむ

イメージ画像

https://pixta.jp

ドローンの写真撮影において画質にこだわればこだわるほど費用がかかります。高画質の撮影を行うためには高額な機体が必要になり、技術も必要です。レンタルなら数万円でドローンが使用できるため、コストを抑えたい方はレンタルを利用しましょう。

関連記事

ドローンの飛行レベル3.5新設の背景とその内容とは

ドローンには安全な運航のために飛行させる環境によって「飛行レベル」が定められており、飛行を制御するための規制が存在しています。しかし民間の事業としてドローンの活用を行う際に、飛行レベルがネックとなって事業への活用が滞っている状況です。本記事ではドローンの民間での活用に向けた飛行レベル3.5新設の背景や内容、実際の取り組みについて解説します。ドローン業界や事業に興味がある方にとって、今後知っておくべき内容なのでぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンを道路上空で飛行させるには許可が必要?よくある質問も解説

ドローンを道路上空で飛行させる場合、定められた条件を満たしている必要があります。本記事では、ドローンを道路上空で飛行させる際に必要な許可や、飛行に関するよくある質問をわかりやすく解説。ドローンを道路上空で飛行させる際は、ぜひ参考にしてみてください。

  ドローンガイド編集部

琵琶湖でのドローン飛行には許可が必要?注意点とは?

琵琶湖でのドローン飛行は人気が高く、飛ばしてみたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、琵琶湖でのドローン飛行を行う際に必要な許可について詳しく解説します。ドローンを飛ばす前に、ぜひ確認しておいてください。

  ドローンガイド編集部

ドローンで税金を節約できる?税制改正の影響とは?

ドローンは税金を節約するために利用されたことがあり、これからの節税対策にドローンを利用しようと考えている方もいるかもしれません。本記事では、ドローンを利用した税金の節約について解説します。

  ドローンガイド編集部

東京都の条例でドローン飛行が可能なエリアとは?飛行ルールに関するポイントを紹介

ドローン操縦者の中には、東京都内での飛行を検討している方もいることでしょう。しかし東京都内の条例で、ドローン飛行ができないエリアもあり注意が必要です。具体的に東京都の条例では、どのようなエリアが飛行可能なのか紹介します。

  ドローンガイド編集部